1. お問い合わせ
  2. メール会員募集
  3. リンク集
  4. サイトマップ

会則

クラシック島根カントリークラブ会則

第1章 総則

第1条(名称)
本クラブは、クラシック島根カントリークラブ(以下「本クラブ」という)と称する。
第2条(目的)
本クラブは、株式会社日本アライアンス(以下「会社」という)が所有し経営する島根県雲南市掛合町地内に所在するゴルフ場及びその付属施設を利用し、健全なゴルフの普及発展に努めるとともに、プレーヤーの体位の向上、健康の増進を図り会員相互の親睦に資すること及び地域社会の発展に寄与することを目的とする。
第3条(事務局)
本クラブの事務局は会社内に置く。

第2章 会員

第4条(会員)
本クラブは、次の会員を以って組織する。
① 特別会員
② 正会員(個人、法人)
③ 平日会員(個人、法人)
第5条(特別会員)
特別会員は、本クラブ及び会社に対し特に功労があった者で、理事会及び会社より推挙された者とする。
第6条(正会員)
正会員は、第8条により資格を取得した個人及び法人とする。
2. 個人会員は記名本人、法人会員は入会申込書に記載された登録者による記名式とする。
ただし、法人会員は無記名制度を利用することができるものとする。
第7条(平日会員)
  平日会員は、第8条により資格を取得した個人及び法人であって、土曜日、日曜日、祝日を除く平日において、正会員と同等の資格待遇を受けるものとする。
第8条(入会)
本クラブに入会するには、所定の申込書類を会社に提出し理事会並びに会社の承認を得たのち、会社が指定する期間内に所定の入会金(入会預り金がある場合にはこれを含む)を会社に納入しなければならない。
2. 会社は、納入確認後遅滞なく会員証を交付する。
3. 入会金はこれを返還しない。
第9条(年会費)
会員は、所定の年会費及びその他諸料金を遅滞なく会社に支払わなければならない。
2. 納入された年会費及びその他諸料金は、理由の如何にかかわらず返還しない。
第10条(施設の利用)
会員は、前条に規定する年会費及びその他諸料金を会社に支払いのうえ、会則その他本クラブの定めるところにより、施設を利用することができる。
2. 天災地変、社会情勢の著しい変化、会社の主催する競技会の開催並びに施設の保全・改修その他やむを得ない事情が生じた場合には、会社は、施設の一部または全部を休止あるいはその利用を制限することができる。
第11条(会員資格の喪失)
会員は、次の場合会員資格を失う。
① 退会の場合
② 会員権の譲渡、差押の場合
③ 死亡、法人会員の解散・破産・民事再生等の倒産手続の申立の場合
④ 法人会員の登録者が同法人を退職した場合
⑤ 除名の場合
第12条(退会)
会員が退会しようとするときは、所定の退会届を会社に提出するものとする。
会員死亡のときは、相続人がその手続をとるものとする。
第13条(会員資格の譲渡)
会員は、理事会並びに会社の承認を得てその会員資格を譲渡することができる。
この場合、譲受人は、会社が指定する期間内に所定の名義書換料を会社に納入し、会員証の名義の書換を受けるものとする。
2. 名義書換料はこれを返還しない。
第14条(資格停止・除名)
会員が次の各号に該当するときは、理事会の決議により除名もしくは一定期間会員資格の停止処分を行うことができる。
① 本クラブの名誉を傷つけたとき、または本クラブの秩序を乱したとき
② 本クラブの諸規則に違反したとき
③ 年会費及びその他諸料金の支払を3ヶ月以上滞納し、請求があっても完納しないとき
④ 暴力団その他これに類する反社会的集団の構成員またはこれらの関係者であることが判明したとき、若しくはこれらの者と知りながらゲストとして紹介したとき
⑤ その他理事会において処分が相当と認める行為があったとき

第3章 役員

第15条(役員)
本クラブに次の役員を置く。
理事長1名、副理事長1名、常務理事若干名、理事若干名。
必要により、顧問、キャプテン、名誉書記及び名誉会計を置くことができる。
第16条(役員の任期)
役員の任期は1年とする。ただし、重任を妨げない。
補欠により就任した場合は、前任者の残余期間とする。
2. 役員は、任期満了後であっても、後任者が就任するまでその職務を継続して行う。
第17条(役員の報酬)
役員はすべて名誉職とする。ただし、会務のために必要な費用は会社が負担する。
第18条(役員の選任)
理事長は、会社が推薦し委嘱するものとする。
2. 副理事長、常務理事及び理事は、会社が会員並びに会社役員の中から推薦し、理事長がこれを委嘱するものとする。
第19条(役員の職務)
理事長は、本クラブを代表して理事会を主宰し会務を統轄する。
2. 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。
3. 常務理事は、理事長、副理事長を補佐して日常の会務を執行し、理事は、理事会を構成し本クラブの運営に関与する。
第20条(理事会)
理事会は、本クラブの運営を円滑にするため次の事項を決議し、会社がこれを承認のうえ執行する。
① 本クラブ運営に関する基本的事項
② 本クラブ運営に関する諸規則の制定及び改廃
③ その他本クラブ運営に必要な事項
第21条(理事会の招集及び決議)
理事会は、理事長が必要に応じて招集する。
理事会は、理事の過半数の出席を以って成立する。
2. 理事会の決議は出席理事の過半数を以って決し、可否同数の場合は議長がこれを決定する。
第22条(委員会)
理事会は、必要に応じ会社の同意を得て、次の各種委員会を置くことができる。
① フェローシップ委員会(諸規則の励行、クラブの秩序維持等に関すること)
② コンペティション委員会(ゴルフ協議の企画並びに施行及びルールに関すること)
③ ハンディキャップ委員会(ハンディキャップの審査決定に関すること)
④ グリーン委員会(コースの使用、維持及び保全に関すること)
⑤ ハウス委員会(クラブハウスの維持等に関すること)
⑥ フレンドシップ委員会(会員相互の親睦等に関すること)
⑦ その他必要と認める委員会
2. 委員長は役員の中から、委員は会員の中から理事会が委嘱する。
任期は1年とし、重任兼任を妨げない。

第4章 会計

第23条(会計)
本クラブの会計は会社がこれを行い、入会金などの収入及び資産並びに負債はすべて会社に帰属するものとする。

第5章 附則

第24条(細則等)
本会則に定めのない事項及び本クラブの運営に必要な細則等は理事会で決議し、会社の承認を以ってこれを定めるものとする。
第25条(施行)
本会則は平成23年2月1日より施行する。